[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

アストン マーティンDBX カモフラ一切なしの姿を撮影

2019.10.19

100字サマリー

12月に正式発表が予定されているアストン マーティンDBXですが、カモフラージュを一切施さずに走行している様子がスペインで撮影されました。DB11似のフロントや個性的なテールランプも露わになっています。

もくじ

プロモーション用の撮影中?
贅沢なインテリアも明らかに
様々なオプション・パックを設定
DB11より強力なV8エンジンを搭載

プロモーション用の撮影中?

数週間後に予定されている正式発表を前に、アストン マーティンDBXの全貌を捉えた写真がインターネット上にリークされた。

アストン マーティン初のSUVとなるこのクルマは、どうやらプロモーション用の撮影を行っている際に、スペインの自動車情報サイト「Autopista」に写真を撮られてしまったようだ。

アストン マーティンDBX
アストン マーティンDBX

予想どおり、デザインは2015年に発表されたコンセプトカーとは大きく変わっている。フロントエンドはDB11から影響を受けたスタイルになり、リアのハッチゲートまで伸びたテールライトは、リップスポイラーに沿ってカーブしている。

この写真ではボディカラーがピンク色に見えるが、おそらく実車のペイントはメタリックの入ったレッドに近い色合いだろう。

贅沢なインテリアも明らかに

アストン マーティンは先日、車両本体に先行してDBXのアクセサリー・セットを発表した。その際に公開された写真には、DBXのインテリアの一部も写っている。全体を見ることはできなかったものの、その贅沢な革張りのインテリアは、ブランドの特質である快適性と高級感を具現化したものであることは明らかだ。パフォレーテッド・レザーを使ったシートや、ドアハンドルのウッドパネル、ヘッドレストに刺繍されたエンブレムなどのディテールも確認できた。

これまで公開されたプロトタイプでは、カモフラージュ柄のラッピングで覆われていてわからなかったが、リア・バンパーの下側は黒い樹脂製のパネルが装着されていることも判明した。

DBXのインテリア
DBXのインテリア

容量632Lの荷室は、写真で見ても実用性の高さがうかがえる。ライバルとなるベントレー・ベンテイガにも十分対抗できるだろう。

 
最新海外ニュース