[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ボウラー・ディフェンダー・チャレンジ 英国クロスカントリー選手権に挑戦 ラリー世界への第一歩 後編

2019.11.10

100字サマリー

ラリー競技の門戸を広げようと創り出されたボウラー・ディフェンダー・チャレンジで英国クロスカントリー選手権に挑戦しました。サーキットとはまったく異なる世界に最初は苦労しましたが、最後はすっかりオフロードの魅力にハマってしまったようです。

もくじ

最高に手強いコース
時間の問題
オフロードのケーターハム・セブン
ラリーへの最高の第一歩
番外編:ボウラー・ディフェンダー・チャレンジ

最高に手強いコース

「ナインティ―・ライト・サーティー」が意味するのはドライバーには為すべき作業があるということであり、沈黙のあとの「サーティー・レフト」とは、出来るだけ足を踏ん張れということだ。

1周目はまったく上手く行かなかった。

ボウラー・ディフェンダー・チャレンジ
ボウラー・ディフェンダー・チャレンジ

低速コーナーであればオールテレインタイヤがディフェンダーのノーズの向きをしっかり変えられるだけのグリップを確保することが出来たが、より高速のコーナーではどうすれば良いかまったく分からなくなり、コース状態が泥や砂利、泥だらけの砂利となると、もはや自分がバカバカしいほど遅いのかどうかさえも定かではなくなった。

1周しただけだというのに疲れ切っていた。実際にはボロボロの状態だった。今夜は目は充血し、数週間経っても筋肉痛がとれないに違いない。

ボウラーに装着された高級なビルシュタインダンパーが見事に衝撃を吸収してくれるが、ボービントンのこの恐ろしいほどコブだらけの路面をなるべく速くクリアしなければならないのだから、このコースは最高に手強いと言えるだろう。

あまり速くコブに突っ込み過ぎると空中へと投げ出されるハメになる。次に慎重にふたつ目のコブを通過できると、思わず自分にはセバスチャン・ローブのような才能があったと自賛する余裕が生まれるが、その後には必ずもっとも大きい3つ目のコブへと突っ込むことになる。

 
最新海外ニュース