日本にもいた! 10年前にデロリアンをEVにした男 世界で唯一、急速充電に対応

2019.12.05

サマリー

デロリアンをEV化した男、日本にもいたんです。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で存在を知って以来、試行錯誤をかさねてEVが完成。苦労のストーリーや、素朴な疑問「どう洗う?」まで加藤久美子が取材。

もくじ

信頼性が低く、メンテナンス困難なデロリアン
デロリアン、EV化で長く乗り続けられる
2009年3月にEVデロリアン完成!
日頃のメンテナンスは? 洗車は?

信頼性が低く、メンテナンス困難なデロリアン

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

デロリアンファンのほとんどがそうであるように、デロリアンをEV化した藤井智康さんも映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で初めてデロリアンの存在を知った。

シンプルでスタイリッシュ、そして機能的なデザインに魅了された藤井さんは、「いつかこのクルマを自分のものにしたい!」と考えていた。

オーナーの藤井さんは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で初めてデロリアンの存在を知り、「いつかこのクルマを自分のものにしたい!」と考えていた。
オーナーの藤井さんは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で初めてデロリアンの存在を知り、「いつかこのクルマを自分のものにしたい!」と考えていた。

藤井さんはもともと、それほどまでクルマ好きというわけではなく、デロリアンが好き、ジョルジェット・ジウジアーロ(デロリアンのデザイナー)がデザインしたクルマが好きだったそうだ。

「いすゞ・ピアッツァ、スバル・アルシオーネSVX、初代ゴルフやパンダもそうですよね。どれも買えませんでしたが、好きなデザインです」

「デロリアンについては台数も少なく、中古車が見つかったとしても信頼性が低く、メンテナンスが非常に難しいことが判明しました」

「色々と情報を集めていくうちに、デロリアンの所有はやはり難しいと。それで所有する夢をあきらめることにしました。」(藤井さん)

当時20代の藤井さんは、デロリアンの所有を一度は諦めた。

しかし、その後、しばらくしてとんでもないアイデアを思いつく。

仕事で環境問題に関わる機会も多く、藤井さんはある研究をしている時に電気自動車に出会い、排気ガスを出さないという以外に、EVの素晴らしい特長を知ることになった。

 
最新海外ニュース

人気記事