【F1】ルイス・ハミルトン 英国最高のアスリートなのか? 実像に迫る 前編

2019.12.08

サマリー

今年6度目のF1ワールドチャンピオンのタイトルを獲得したルイス・ハミルトンですが、この稀代のF1ドライバーに対しては地元英国でもさまざまな評価があるようです。今回はそんなハミルトンの実像に迫るべく、彼のこれまでのキャリアを関係者とともに振り返ってみました。

もくじ

英国最高のアスリート?
真の能力
プロフェッショナリズム
レースへの姿勢

英国最高のアスリート?

もっとも偉大な英国のアスリートとは誰だろう?

4度ツール・ド・フランスを制したクリス・フルームや、オリンピックで4つの金メダルを獲得したモハメド・ファラーなど、多くの候補が上がるに違いない。

ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトン

オリンピックチャンピオンであり、世界選手権を8回制するとともに2度世界記録を樹立した水泳のアダム・ピーティーと、2度のオリンピックと3度の世界選手権チャンピオンである体操のマックス・ウィットロックを忘れるわけにはいかない。

スヌーカーのロニー・オサリバンは5度世界チャンピオンの座に輝いており、アンディ・マリーはグランドスラム3勝と、ロンドンとリオでふたつのゴールドメダルを獲得している。

さらに、カタリーナ・ジョンソン・トンプソンは7種競技の世界女王であり、イングランド・ラグビーチームのキャプテンを務めるオーウェン・ファレルは世界最高のラグビー選手のひとりに数えられている。

ラヒーム・スターリングも世界最高のフットボーラーのひとりであり、さらにはプロゴルファーのローリー・マキロイなど、英国からは数多くの偉大なアスリートたちが登場している。

そして、もちろんルイス・ハミルトンだ。

6度のF1世界チャンピオンと83勝という記録を上回るのはミハエル・シューマッハーだけであり、87回という歴代最多のポールポジション獲得数を誇るハミルトンは、13年間に渡って最速のレーシングドライバーの座を維持しており、いまなお現役を続けている。

ハミルトンのことを、英国でもっとも偉大なアスリートの座には相応しくないと考えるひともいるかも知れないが、こうした記録を無視するわけにはいかないだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事