【速報】PSAグループとフィアット・クライスラーが合併を正式に発表

2019.12.18

サマリー

PSAグループとフィアット・クライスラー(FCA)は合併の契約を正式に締結し、年間販売台数約870万台、売上高約1440億ポンド(20兆6400億円)を誇る、世界第4位の自動車メーカーとなりました。

もくじ

PSAとFCA、合併契約を正式に締結
新会社の戦略
新会社の目指すもの

PSAとFCA、合併契約を正式に締結

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

PSAグループとフィアット・クライスラー(FCA)は合併契約を正式に締結し、年間販売台数約870万台、売上高約1440億ポンド(20兆6400億円)を誇る、世界第4位の自動車メーカーとなった。

両社は10月に暫定的に合弁に合意していたが、今回、正式な契約の署名に至った。

フィアット500X
フィアット500X

合併後の調整は今後12~15か月間で行われ、「持続可能なモビリティの新時代の最前線に立つ、リーダーシップ、リソース、規模を持つ企業」の設立を目指すと述べている。

新会社の戦略

企業の詳細は発表されていないが、PSA-FCAは、生産の3分の2以上が2つのプラットフォームに集中しており、小型プラットフォームとコンパクト/ミッドサイズプラットフォームが、いずれも年間約300万台を占める。

これらはガソリンエンジン、ハイブリッド、EVすべてのパワートレインの搭載能力をもつ、PSAグループのCMPおよびLMA2プラットフォームである可能性が高い。

ジープ・コンパスEV
ジープ・コンパスEV

PSA-FCAは欧州、北米、ラテンアメリカでそれぞれ確立した地位を維持しつつ、他の地域、特に両社が近年足場を築くのに苦労している中国での戦略を、再構築すると述べている。

また、この契約により、EVや自動運転システムなどの「モビリティソリューションと最先端技術」への投資効率が向上する。PSAグループはプジョーe-208やヴォグゾールeコルサを含む多くのEV、FCAは現在フィアット500のEVバージョンの準備を進めている。

新会社の目指すもの

現在PSAを率いるカルロス・タヴァレスが新会社のCEO、現FCA会長ジョン・エルカンが新会社の会長に就任する。

タヴァレスは、「自動車業界で大きな影響力を得る機会となった。クリーンかつ安全で持続可能なモビリティ世界への移行を促し、カスタマーに世界クラスの製品、技術、サービスを提供することを目指している」と述べた。

PSA FCAロゴ
PSA FCAロゴ

 
最新海外ニュース

人気記事