【ベントレー製V型8気筒エンジン60周年】偉大なエンジン、歴史を振り返る 前編

2019.12.27

サマリー

ベントレーが誇るV8エンジンが60周年を迎えました。1959年登場のS2に積まれてデビューしたこのエンジンは、排気量を拡大させつつ現行ミュルザンヌまでつねにベントレーのラインナップに存在し続けてきました。この偉大なるV8の歴史を振り返ります。

もくじ

最古の現役V8エンジン
困難な課題
唯一無二のエンジン
見事な余裕

最古の現役V8エンジン

何年ではなく何カ月か先のそれほど遠くない将来、ベントレーはミュルザンヌの引退を発表することになるだろう。このクルマの現役期間は10年以上に及んでおり、いまのところベントレーがこのフラッグシップを次にどのようなモデルにするのかまだ何も明らかになっていない。

だが、現行ミュルザンヌのことは懐かしく思い出すことになるだろう。

ミュルザンヌの強力なV8はいまや538psと112.1kg-mを発揮する。
ミュルザンヌの強力なV8はいまや538psと112.1kg-mを発揮する。

デビュー当時、このクルマの成功に確信が持てなかった。威厳溢れるアルナージやターボRの後に登場したミュルザンヌは、やや奇妙なモデルように思えたのだ。フォルクスワーゲンの全面的なバックアップを受けて登場した初のベントレーのトップモデルとして、もっと大胆なモデルになると予想していた。

だが、結果的にはこれほど長きに渡って同じデザインを纏い続けたモデルのなかで、これほど成功した例はないだろう。

そう考えると、ミュルザンヌは見事に齢を重ねたのであり、このクルマがベントレーのトップモデルとして最後に内燃機関を積んだモデルになるかどうかにかかわらず、将来の地位は約束されていると言える

だが、ことエンジンに関して言えば、ミュルザンヌの引退以上に惜しまれるのが、その滑らかな曲線を描くボンネットの下に収まった巨大なアルミニウム製ブロックを持つ英国製V型8気筒エンジンだ。

自動車メーカーがいまも自社のモデルに採用しているものとして、このV8は世界最古のエンジンとなっている。

 
最新海外ニュース

人気記事