【年間約1万人の小学生がベルト無しで死傷】身長150cmまでジュニアシートが必要なワケ

2020.01.02

100字サマリー

チャイルドシートの着用義務は5歳までですが、6歳をすぎても身長150cmまでジュニアシートが必要です。なぜならシートベルトだけだと、子どもの体を完璧に守れないからです。まずは年末年始の移動で要注意。

もくじ

6歳過ぎたらチャイルドシート卒業は大きな間違い
車両シートベルトだけでは、子どもの体を完璧に守れず
シートベルトもジュニアシートもせず死傷する小学生、1年で平均約1万人
欧州の最新安全基準はジュニアシート 身長150cmまで使用できること

6歳過ぎたらチャイルドシート卒業は大きな間違い

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

チャイルドシートの着用義務年齢は5歳までとなっているが、6歳になったらチャイルドシートをしなくてもいいということではない。

6歳からは助手席はもちろん、後席もすべての席でシートベルト着用義務の対象となる。

「チャイルドシート義務年齢を過ぎたら不要」と、危険で勝手な解釈をしている保護者は多い。
「チャイルドシート義務年齢を過ぎたら不要」と、危険で勝手な解釈をしている保護者は多い。

2008年6月の道路交通法改正によって子どもでも高齢者でも、乗る人すべてに後部座席のシートベルトの着用が義務付けられている。

しかし、「チャイルドシート義務年齢を過ぎたら不要」と、危険で勝手な解釈をしている保護者は多い。

実際、筆者のママ友の中には「6歳過ぎたらチャイルドシートしなくていい(=シートベルトもしなくていい)」と危険なカン違いをして、シートベルトを使わず6歳のわが子を後部座席に乗せて、高速道路の出口で取り締まり対象となり、違反点数1点&反則金を課せられることになった者が3人もいる。

ママ友たちは口をそろえて、「なんで? 子どもなのにダメなの? 知らなかった」と嘆いていたが、今後、彼女たちは後席でも子どもにベルトをさせるだろうし、子どもの命が守られることになるなら感謝してもしきれないありがたい取り締まりになったはずだ。

ちなみに、後席ベルトを着用させるのはドライバーの義務。わが子だけではなく、子どもの友達を後ろに乗せるときも同様だ。

 
最新海外ニュース