【インタビュー】アウディEV「eトロン GT」  デザイン責任者が語る 製品版の発表、2020年

2020.01.22

サマリー

アウディがEV攻勢を続けています。2020年にeトロンGTをはじめとするRSの電動化モデルを4モデル発表するほか、モデルラインナップを追加する予定のようです。革新的なデザインにするため、グリルとグリル周辺を反転させたとアウディは言っています。

もくじ

EVのスタイリング
進歩的、革新的なデザイン

EVのスタイリング

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)

アウディは2020年に向けてスケジュールに追われており、RSの電動化モデルを4モデル投入するほか、同ブランドのラインナップに新たに主流となるモデルをいくつか追加する予定だ。

AUTOCARは、エクステリア・デザイン部門を率いるアンドレアス・ミントに、EV、コンセプト、アウディの将来について質問した。

eトロンGTコンセプト
eトロンGTコンセプト

ーーEVのハイパフォーマンス・モデルがたくさん登場しています。これはアウディにとって魅力的なのでしょうか?

「eトロンGTはハイパフォーマンス・モデルの電動化における第一歩です。今後、ハイパフォーマンス・モデルは電動化されていくことが想像できます。電動化することで、ハイパフォーマンス・モデルの未来に大きな可能性が出てきます」

「現時点では、バッテリーのエネルギーは限られているため、高い動力性能を発揮するためには技術を進化させる必要があります」

ーーEVのスタイリングをどのようにデザインしていますか?

「外観を作る上で、大きな決断をしました」

「EVは冷却する必要がなく、フロントグリルも必要ないというのは真実ではありません。このレベルの性能のバッテリーとモーターには、冷却が必要です」

「EVには、短いボンネットと長いAピラーが必要だというのも事実ではありません。ダッシュボードが大きくなり、フロントガラスの大きさから車内が熱くなります。EVのエネルギーマネジメントは非常に低いので、熱を逃がすことはできません」

「そのため、ランドローバー・ディフェンダーは電動化するのに適したデザインです」

 
最新海外ニュース

人気記事