【オフロードも想定以上】アストン マーティンDBXプロトタイプ 英国での評価

2020.01.23

100字サマリー

あえてクラス最大・最速は狙わなかった、アストン マーティンのSUV。かわりに獲得した英国車的個性で、優れた成功を収める可能性は充分にありそうです。量産間際のDBXプロトタイプを、テストコースで英国編集部が試乗しました。

もくじ

ダートで楽しむパワースライド
ぬかるんだ急斜面や砂地でも余裕
オフロードでも快適な乗り心地を維持
開発チーム想定以上の悪路性能
アストン マーティンDBXプロトタイプのスペック

ダートで楽しむパワースライド

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)/Mike Duff(マイク・ダフ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国西部、マーサー・ティドビルの近郊にあるウォルターズ・アリーナには、オフロードコースが整備されている。アストン マーティンDBXプロトタイプの試乗では、湿った砂利道や泥炭地、岩場や沼地の走破性を確かめる機会も与えられた。

オプションを付ければ20万ポンド(2840万円)に届こうという高級SUVのオーナーが、これほど過酷な環境にいどむことは殆どないはず。だが、すべての場面でとても巧みに対応できていた。

アストン マーティンDBXプロトタイ
アストン マーティンDBXプロトタイ

DBXに採用されているエアサスペンションとアクティブ・アンチロールバーは、シャシー性能を高める上で重要な役割を果たす。スポーツ+モードを選びコーナーへ侵入すれば、クルマは水平を保ち、スムーズに旋回していく。では砂利道ではどうだろう。

アストン マーティンで開発を率いたマット・ベッカーの説明に従って、幅広い砂利道のコーナーへ、3速のスピードで侵入する。アクセルペダルを少し踏んだまま、コーナーの頂点めがけてフロントの向きを変える。リアタイヤはロール剛性のピークに達し、リアの支点が優しく外側に膨らむのがわかる。

コーナー中程でのハンドリングは、スロットルがオンの状態より、オフの方が優れている。ドライブトレインが、中立的な姿勢維持を容易にしてくれている。だとしても、パワースライドがとても楽しい。

深いドリフトアングルを保てる以上のパワーがあるから、直線ではエンジンは力強くDBXを引っ張っていく。

 
最新試乗記