【スープラのプラットフォーム?】BMW 2シリーズ・クーペ次期型、FRか 4シリーズ似のデザインへ

2020.07.15

サマリー

新型BMW 2シリーズ・クーペのプロトタイプが、メキシコで目撃されました。来年登場予定の、最もコンパクトな2ドアモデルです。ディーゼルエンジンの復活や、マイルドハイブリッドの導入が期待されています。

もくじ

メキシコで目撃された新型クーペ
ディーゼル復活、ハイブリッドは?

メキシコで目撃された新型クーペ

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

メキシコで目撃されたBMW 2シリーズ・クーペは、同社内では「G42」のコードネームで呼ばれており、2021年に発表される予定だ。

生産はBMWのサンルイスポトシ工場で行われる。

詳細は読み取れないが、フロントにはグランクーペのデザイン要素が含まれているようだ。
詳細は読み取れないが、フロントにはグランクーペのデザイン要素が含まれているようだ。

注目すべきは、この新型クーペは後輪駆動となるため、2シリーズ・グランクーペとその構造をほとんど共有していないことだ。

BMWの前輪駆動のFAARプラットフォームを採用せず、代わりに汎用性の高いCLARプラットフォームを改良したものが採用される。

このプラットフォームは、より大型のサルーンやSUVだけでなく、Z4やその兄弟車であるトヨタ・スープラにも採用されている。

そのため、G42 2シリーズは、4ドアの2シリーズに見られる横置きのエンジンレイアウトではなく、縦置きのレイアウトを採用することが可能になった。

目撃された車両には厳重なカモフラージュが施されているため、大まかなシルエット以外に特徴をつかむことが難しい。

長いボンネットとワイドなリアは、最新の4シリーズとの類似性がはっきりと見て取れるが、フロントは2シリーズ・グランクーペの顔つきが移植されたようにも見える。

 
最新海外ニュース

人気記事