【じっくり見たい】ホンダe 内装/後席/トランクも撮影 呪縛を解かれたEV開発、航続距離283kmの新発想

2020.08.05

サマリー

新型EV「ホンダe」の実車をたっぷり撮影。日本における正式発表を前に、走り、内装、充電時間について、話を聞いてきました。決して長くない航続距離とした背景には、小さな電気自動車へのこだわりが。

もくじ

「軽より小回りできる」電気自動車
アコードの駆動モーター搭載
急速充電 30分で202km
内装 5枚のスクリーンを水平配置
日本仕様 グレードは2種類

「軽より小回りできる」電気自動車

photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

日本発表が待たれるホンダの100%電気自動車「ホンダe」を、じっくり撮影する機会に恵まれた。

多くの自動車メーカーは、EVにガソリン車と同じ使い勝手を求めて、バッテリーを大容量化し、ボディを大きくする傾向にある。

ホンダeは、小回りができ、扱いやすいサイズの都市型EV。最小回転半径は4.3mを達成した。
ホンダeは、小回りができ、扱いやすいサイズの都市型EV。最小回転半径は4.3mを達成した。    上野和秀

これに対してホンダは、電気自動車を小さく作って、使いやすくしたいと考えた。他社が陥っている呪縛から一旦逃れ、「街なかベスト」のEVを追求する道を選んだのだ。

ホンダe日本仕様のボディサイズは正式発表時に判明するが、今回1つの数値が明らかになった。

街なかで扱いやすい小回り性を確保するために、最小回転半径を4.3mに抑えているのだ。ホンダの軽自動車の回転半径が概ね4.5mであるから、それよりも取り回ししやすいことになる。

実は開発チーム発足時の構想メモでは、ホンダeはFF(フロントにモーターをマウントし、前輪を駆動)だったという。しかし、それではオーバーハングを短くできないし、舵角を大きく取れないのでリアモーター・リアドライブというRRレイアウトに行き着いた。

車体後部に積まれたそのモーターであるが、最大トルク32.1kg-mというパワフルなものが搭載されている。

 
最新海外ニュース

人気記事