アウディA8、A8L、S8マイナーチェンジ

2014.03.13

アウディ ジャパンは、プレミアムラグジュアリーサルーン、A8およびA8 Lにマイナーチェンジを施し、3月13日(但し、A8L W12、S8は5月8日)より発売を開始する。

A8は、2010年に登場したアウディのフラッグシップモデル。

今回のフィエスリフトでは、まずエクステリアでは、シングルフレームグリルがより彫刻的なデザインとなり、バンパーやボンネットの形状が刷新された。また、ロービーム用のLEDと25個の小さなLEDによって構成されるハイビームユニットから構成されたマトリクスLEDヘッドライトが新たに最小された。これは、ハイビーム時にカメラでセンシングを行い、必要に応じてLEDを個別に点灯・消灯することで対向車や先行車を眩惑することなく、正確に路面を照射することが可能な画期的なライティングシステムだ。

装備に関しては、駐車時に自動でハンドル操作をしてくれる360°ディスプレイ(サラウンドビューモニター)のついたパークアシスト付アウディパーキングシステムを全車に標準装備。また標準のアウディ・プレセンスに加えて、オプションのアウディ・プレセンスプラスを選ぶと、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガードや、自動ステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなど最新の安全装備が追加される。またオプションのナイトビジョン アシスタント(A8L W12は標準装備)は、歩行者のみでなく、大きな動物なども認識できるように進化した。

価格は、A8の9,800,000円からS8の16,200,000円まで。

 
最新国内ニュース

人気記事