国内ニュース

2018.12.05

動画 後付け「踏み間違い加速抑制システム」 プリウス/アクアに トヨタ

編集部より

トヨタは純正用品として、後付けが可能な「踏み間違い加速抑制システム」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて12月5日に発売。車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知、ブザー音で注意喚起します。

ポイントは「後付け」できること

トヨタは販売店装着の純正用品として、後付けが可能な「踏み間違い加速抑制システム」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて12月5日に発売した。

プリウス、アクアから販売を開始し、今後、対象車種を広げていくという。

近年、駐車場での運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体のなかで増えてきている。また、トヨタのカスタマーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多く届いていたという。

このシステムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起する。

「交通事故死者ゼロ」の究極の目標に向け、衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」と「インテリジェント・クリアランス・ソナー(ICS)」の新型車への採用を進めていく。

本体、付属部品を含む価格は5万5080円(税込み)。

 
最新国内ニュース