BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内ニュース

2019.01.09

パナソニック AV一体型ナビのベーシックモデル ストラーダCN-E310D

編集部より

パナソニックのAV一体型ナビ「ストラーダ」のベーシックモデルが発売されます。
「CN-E310D」は、上位機種のナビ機能を継承し、BLUETOOTH Audioにも対応します。

ブルートゥース・オーディオに対応

パナソニックは、AV一体型ナビ「ストラーダ」の新製品、CN-E310Dを2019年1月中旬より発売する。

本製品は、ベーシックモデルの7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビながら、上位機種から継承した高いナビ機能とAV機能を搭載したのが特徴。

具体的には、

・昨年開通した東京外環自動車道の三郷南IC~高谷JCT
・同じく昨年開通した新名神高速道路の川西IC~神戸JCT

なども収録した最新地図データを搭載。

市街詳細地図や実物と同じデザインの方面看板など、正確でわかりやすいルート案内が可能となっている。

さらに、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載し、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索。

準天頂衛星システム「みちびき」にも対応した高い自車位置測位精度でドライブをサポートする。

また、AV機能でニーズの高い「BLUETOOTH Audio」に対応し、ふだん聴いているスマートフォンなどの音楽をワイヤレス再生でき、手軽に車内で楽しめる。

価格はオープン。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ