先代「X5 M」へ肉薄!な加速力 BMW X5 xドライブ50eへ試乗(2) ガソリンを燃やさず通勤可

公開 : 2024.02.25 19:06

有効に機能する運転支援システム

試乗したxドライブ50eには、フルスペック状態の運転支援システムが搭載され、いずれも有能に働いていた。車線維持支援は運転の邪魔をせず、アダプティブ・クルーズコントロールは巧みに車間距離を調整してくれた。

ただし、ステアリングホイール上から車間距離の調整ボタンが消えてしまった。ドライバーが任意で距離を調整したい場合、タッチモニターのメニューを掘り下げる必要があり、走行中は難しい。

BMW X5 xドライブ50e Mスポーツ(英国仕様)
BMW X5 xドライブ50e Mスポーツ(英国仕様)

xドライブ50eのカタログ燃費は、111.1km/Lと驚くほど。駆動用バッテリーをこまめに充電し、走行可能距離を意識して乗る限り、実現は不可能ではないだろう。充電が切れると、10.8km/Lへ悪化する。

電費は、110km/hの巡航で3.2km/kWh。惜しいのが充電能力で、最大7.4kWまでと低く、0%に近い状態から完了までに約4時間を要してしまう。

X5の英国価格は、6万9560ポンド(約1294万円)から。xドライブ50eでは、8万835ポンド(約1504万円)へ上昇する。鮮やかなブルーの塗装やテクノロジー・パッケージなど、多くのオプションを装備した試乗車は、10万ポンド(約1860万円)近かった。

見事な完成度のパッケージング

1999年の登場から3世代の進化を経た、BMW X5。SUV市場の変化を受け入れつつ、オリジナルが宿していた強みは、現行の4代目もしっかり受け継いでいる。

不足ない車内空間と利便性に加え、妥協を感じさせない優れたドライビング体験を両立したX5は、このクラスでの高い競争力を維持している。今回のフェイスリフトでは、プラグイン・ハイブリッドの能力と洗練度も目に見えて向上した。

BMW X5 xドライブ50e Mスポーツ(英国仕様)
BMW X5 xドライブ50e Mスポーツ(英国仕様)

確かに、充電能力はもう少し強化したい。ハードボタンの消えたダッシュボードは、使い勝手に影響が出ている。しかし、これらを受け入れれば、xドライブ50eの所有体験で強い不満を抱くことはないはず。見事なパッケージングに仕上がっている。

◯:強力で吹けの良いエンジン 洗練され意欲的な動的能力 ハイブリッド・パワートレインの電動での航続距離 コネクティビティ機能
△:実用性や悪路性能に特化したライバルが存在する 品質と使い勝手が向上したとはいいにくいインテリア 7.4kWに制限される充電能力

BMW X5 xドライブ50e Mスポーツ(英国仕様)のスペック

英国価格:8万835ポンド(約1504万円)
全長:4935mm
全幅:2004mm
全高:1765mm
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:4.8秒
燃費:111.1km/L
CO2排出量:20g/km
車両重量:2420kg
パワートレイン:直列6気筒2998cc ターボチャージャー+電気モーター
使用燃料:ガソリン
駆動用バッテリー:25.7kWh
最高出力:490ps
最大トルク:71.2kg-m
ギアボックス:8速オートマティック(四輪駆動)

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

BMW X5 xドライブ50eへ試乗の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事