ポルシェ3月の販売台数が20,000台を突破

公開 : 2015.04.16 22:00  更新 : 2017.06.01 02:10

ポルシェは、2015年3月期に世界中で20,222台の新車を販売したと発表した。この実績は、昨年同期比31.5%増で、今年1月〜3月期には、合計51,102台のモデルを販売したことになる。これは、2014年第1四半期と較べてで32%以上の伸びとなる。

「私達は、この第1四半期には初の50,000台以上の販売を達成し、2014年の成功を継続した形で成長を示唆しています。マカンは発売以来、私達のすべての期待を上回り、わずか12ヶ月という期間で62,644台を販売しました。そのおよそ3/4が新規のお客様であり、このコンパクトSUVは平均するとすべての市場でより若いターゲットグループに受け入れられています。」と、ポルシェAGのセールス&マーケティング部門の担当役員であるベルンハルト・マイヤーはコメントしている。

2015年3月だけに絞れば、世界中でポルシェのスポーツカーに対する需要が高まったといえる。中国では前年比19.5%増の4,138台を販売し、特にスポーツカーのアイコンである911の販売台数が前年の第1四半期と比較して33%増加した。また、伝統的に重要な米国市場でポルシェは4,291台の新車を販売し、これは前年同月比でほぼ13%増となった。また、欧州市場においては911、ボクスター、ケイマン、カイエン、マカンおよびパナメーラも非常に人気が高く、8,054台が販売された。これは53%を超える増加にあたる。また、本国であるドイツでは、ポルシェは2,929台以上を販売し、前年比ほぼ51%の増加を記録している。