ホンダ、インド四輪工場の生産が正常化

2012.02.17

ホンダは、タイで発生した洪水被害の影響で部品供給が滞り、2011年11月より減産をしていたインドの現地法人、ホンダシエルカーズインディア・リミテッドが、2月15日で通常の生産に回復したと伝えている。

正常化により1日の生産台数は2月15日より370台/日、次週より440台/日のフル稼働となる。現在、シティとブリオの生産が再開しており、2月下旬にはジャズ(フィット)もスタートする予定だ。なお、ブリオを予約している顧客には、3月中に納車が可能な予定であるという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事