レクサスRCにターボ・ユニット搭載車

2015.09.17

レクサスはRCにターボ・エンジン搭載モデルRC200tを新たに設定したほか、RC350、RC300hを一部改良し、10月1日より発売する。

新しく追加されたグレード、RC200tは、245ps、35.7kg−mを発揮する2.0ℓ直噴ターボ・エンジンを搭載。ツインス・クロール_ターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用することで、低回転域からの強大なトルク・フィールが特徴のエンジン。トランスミッションには8-Speed SPDSを搭載している。また、フロント・パフォーマンス・ダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープにしている。

RC200t “F SPORT”には、トルセンLSDならびに“F SPORT”専用オレンジ・ブレーキ・キャリパー(フロント・リヤ/フロントLEXUSロゴ)をオプション設定としている。

また、RC350 “F SPORT”には、フロント・パフォーマンス・ダンパー、トルセンLSD、“F SPORT”専用オレンジ・ブレーキ・キャリパー(フロント・リア/フロントLEXUSロゴ)をオプション設定した。

価格は、5,210,000円から6,780,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース
×