マツダMX-5 vs トヨタGT86 vs ケータハム270R

公開 : 2015.10.06 23:50  更新 : 2021.01.28 18:11

ただしGT86の一人勝ちに終わらないのが2015年、MX-5がデビューした以降の情勢である。ソフト・トップを開け放てば、季節を感じられるだけでなくエンジン音も直に聴ける。

内装の質感も高いうえ、鼻先の動きも驚くほどクイックだ。ボディ・コントロールの自由度はGT86よりも高いとさえ思える。密なコミュニケーションも自慢だ。

ステア・フィールもまた、他のどのライバルにも優っている。反応はクイックであり、ライバルよりも重みが変動しない。シャシーのキャラクターともぴたりと一致している。

グッとブレーキ・ペダルを踏み込んでからの荷重の移動も他のライバルより味わい深い。バネの伸び縮みひとつにしても、コミュニケーションとは何かを真摯に考えていることが伺える。

背中や臀部を介して、いま後輪がどうしたがっているのかがわかる。五感を刺激するあらゆるものが、緻密で有益な情報なのである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事