ジャガーF-PACE S

公開 : 2016.04.06 23:50  更新 : 2017.05.29 18:37

アウディ製MMIやBMW製iDriveが、ここ最近のインフォテインメント・システムを歯切れよい操作感で牽引しているのは確かだが、ジャガー製の ‘InControl’ システムも、同じ土俵で勝負できるレベルにある。

ドライビング・ポジションも問題なし。そもそもフラット・ボトムを採用しなかったことに好感がもてるし、ステアリング直径もパーフェクト。大きく調整できるのもいい。‘小さなランドローバー’ というより ‘背の高いジャガー’ という方が、おそらく的確なはずだ。

乗った感じはどうか? F-PACEはジャガーのDNAをきちんと引き継いでいるといえる。もちろん高さや重量が嵩むことは感じられる。そんななかでもジャガーはベストを尽くし、結果としても表れているように思える。

3.0ℓエンジンが目を覚ますと、直後に静かなアイドリングに転じる。これならば(F-タイプのように)早朝ドライブのたびに近所の人を起こすこともなさそうだ。だからといって味気なさを感じることはなく、音はあくまでリッチだ。F-PACEにしかないキャラクターでもある。

わずかにアクセルを踏みこむとスルスルと前にでる。0-97km/h=5.1秒という数値は体感的に信ぴょう性があると感じる。8速ATの変速は期待どおりなめらか。急な加速時のシフト・ダウンに要する時間は、予想よりもかかることを否定しないが、ステアリング・ホイールにマウントされるパドルを使えば、不満は消える。

断っておくが、SUVといえどもF-PACEはパドルで操作して速く走るクルマでもある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事