ジャガーF-PACE S

公開 : 2016.04.06 23:50  更新 : 2017.05.29 18:37

一方、ホイールベースや車幅はこのF-PACEならではのもの。ボディ・ストラクチャーも、ほかのライバル・メーカーより、オリジナルの部分が多い。

ボディのうち20%はアルミニウムだけでなくマグネシウムを用いる。アルミより軽いうえ、強度も確保できることが理由だ。これをフロント部ならびに、高い部分に使用することで重心高を下げることができる。

テールゲートはプラスティック製だが、スペア・ホイールを(ご存知のとおり)アルミよりも重いスチール製とすることで、前後重量配分も均すことに成功している。

これは、中期のフェイスリフトでエンジンを軽くした際にも、50:50の前後バランスを実現しやすくするという目論見もあってのことのようである。

荷室は650ℓが確保され、後部座席は3名の大人が乗車したとしても窮屈ではなさそうだ。全長は4731mm、全幅はミラーなしで1936mm、ミラーありで2175mm。ホイールベースは2874mmとなる。

ライバルのポルシェ・マカンと比較すると50mm、X3よりも74mmそれぞれ長いことを意味する。

現時点の英国内のエンジン・ラインナップは2.0ℓディーゼル(180ps)と3.0ℓV6ディーゼル(300ps)。さらに3.0ℓ V6スーパーチャージド・ガソリン(380ps)となる。2.0ℓディーゼルを搭載するモデルのみ、6速マニュアルと後輪駆動のオプションが用意されているが、それ以外のモデルはすべて4WDとなり、ZF製の8速オートマティック・ギアボックスが組みあわされる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事