スズキ・バレーノXT

公開 : 2016.04.11 23:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • パドルシフト付き6速ATを装備。車内に3気筒ターボのエンジン音は届くが、嫌な振動は伝わらない。

  • XTに約11万円のセットオプションを付けた試乗車は、本革シートも装備。初採用のプラットフォームは後席スペースが十分。

  • 9.5インチのゴルフバックを積める荷室。後席を倒し荷室床面を調整すれば、ほぼフラットにできる。

と考えると6速ATの採用も合点。走り出しのわずかな時間と変速の瞬間以外はほとんどロックアップ状態。変速も素早く、DCTと比較しても遜色ない。極低速域での扱いのよさや発進の滑らかさはトルコンATならでは。付け加えるなら一般的にDCTのライン圧はクラッチを油圧で押し付けるためトルコン型ATよりも高く、高速巡航時の効率でも6速ATは有利である。

要は生活用途での扱いやすさ、高速域での余力、そしてその両面での省燃費性をうまくまとめているのだ。

サスセッティングは高速型である。前記のとおり欧州仕様とタイヤ銘柄も含めて共通。現行のスズキ登録車でも高速型なのだが、路面の段差やパッチの突き上げ感はあるものの角張った衝撃感はなく、微小域から比較的滑らかなストローク感がある。コーナリング時のロール抑制も過度ではなく、ストロークを上手に使い接地を安定。高速コーナーでの安心感と御しやすさは見所のひとつだ。

山岳路でも高速道路でも信頼深いフットワークだが、操舵感は好き嫌いが分かれそうだ。中立付近の据わりが今ひとつで、操舵反力も横Gが立ち上がってから高まる感じなのだ。タイトコーナーが連続する山岳路では軽快であり「意のまま」感もあるが、高速直進時には意識的に中立を保持する必要も出てくる。

もっとも、ミリ波レーダーを用いたACC(追従型クルコン)を標準装着し、操安性のポテンシャルの高さと相まって高速長距離ツーリング適性は同クラスではトップレベル。これで車線維持支援があれば完璧だが…。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事