スズキ・バレーノXT

公開 : 2016.04.11 23:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • バレーノは1.0ℓ3気筒ターボと1.2ℓ4気筒NAをラインナップ。今回はターボをメインにレポート。

  • スイフト比で全長+145、全幅+50、全高-30mmと、ロー&ワイドなプロポーション。

  • ページ下部の360°画像は、マウス操作でインテリアを上下左右・ズームして確認できる。

5月発売のバレーノのターボ・モデルを、価格、装備、走りの3面で品定め。

■どんなクルマ?

クラス分類はスイフトと同じBセグメントになるが、ふたつの点で上級にシフトされている。ひとつは一回り大きな車体サイズがもたらした実用面での汎用性の向上である。ショートワゴンに近いリア・オーバーハング設定により荷室スペースを拡大。ファミリーユースなどスイフトでは厳しい4名乗車用途への対応力を向上させた。

もうひとつはプレミアム志向を強めたキャラクターだ。「美しき流動体」のセールスコピーが最たるもので、上下開口を抑え気味にしたウインドウグラフィックやボリューム感を与えたフェンダーとサイドパネルなど、4mを切った全長にしては随分とグラマラスな外観である。

プラットフォームはスズキの軽量化技術を導入したBセグ用の新型。フレーム剛性を向上させながら1.2ℓ車同士で比較するとスイフトよりも70kg前後軽量だ。

パワートレーンは2タイプ。ひとつはスイフトにも搭載される1.2ℓ4気筒のデュアルインジェクション仕様だが、もうひとつはバレーノが皮切りとなる完全新設計。直噴ダウンサイジング・ターボを採用した1ℓ3気筒ユニットにトルコン型の6速ATを組み合わせている。軽自動車で小排気量の実用型ターボや3気筒のノウハウを蓄積してきたスズキだけに新パワーユニットへの期待も高い。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事