スズキ・バレーノXT

公開 : 2016.04.11 23:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • 新開発3気筒ターボは、3kgの重量増をまねくバランサーシャフトを不採用にし、軽さと回転の伸びを死守。NVH面は、車室までの各部品の共振周波数に差を与え対策。クラス最軽量のエンジンを実現。

  • XTは16インチ・アルミホイールを装備。下の写真のXG(NAモデル)は15インチのフルホイールだ。

  • NAのXGにも試乗。こちらは1.2ℓ4気筒(91ps、12.0kg-m)とCVTの組み合わせ。

  • 141.4万円のNAは、JC08モード24.6kmと燃費志向。車重は910kgに抑えた。

同ACCとPCSは1.2ℓ4気筒とCVTを採用するベーシックモデルにも標準装備される。足周りはタイヤサイズ以外は共通。開発の基準モデルはターボ車だが、乗ってみると意外とグレードダウンしたタイヤとの相性がいい。全体的に緩い感じながら挙動の繋がりが良く、気楽な運転感覚。もちろん、高速や山岳路に入ればエンジンの地力の違いは明白であり、ターボ車ならさして回転を上げずにこなせる状況でも中高回転域の持続時間は長めである。ただ、同クラスのNA車としては常用回転域は低めであり、回転変化も少なく抑えられているので、タウン&ツーリングをコスパで考えれば相当な優等生だ。

■「買い」か?

生産地がインドなのも効いているのだろうが、1.2ℓ車はPCSとACCを標準装着して約141万円である。ターボ車になれば高速や登坂での余力が格段に高まり、オートエアコン等の快適装備も充実。内外装の質感が向上し、本革シート仕様を選択しても約173万円である。

ダウンサイザーのクルマ選びでは日常用途の扱いやすさや経済性も要点になるが、これはダウンサイジングすれば大抵は適うもの。重要なのはダウンサイジングで失われやすい部分が上手く補えているかだ。その筆頭が安全性と高速長距離適性だろう。

バレーノはPCSとACCを装備するモデルでは最安価であり、ターボ車は高速長距離にも十二分な動力性能を備えている。細かな造作ではBセグメントを意識せざるを得ないが、この価格で安全や運転支援も含めて現代的な高速ツアラーの資質を得たのは賞賛に値する。

スズキ・バレーノXT(セットオプション装着車)

価格 1,728,000円
全長×全幅×全高 3995×1745×1470mm
ホイールベース 2520mm
乾燥重量 950kg
エンジン 直列3気筒996ccターボ
最高出力 111ps/5500rpm
最大トルク 16.3kg-m/1500-4000rpm
ギアボックス 6速オートマティック
サスペンション マクファーソンストラット / トーションビーム
ブレーキ ベンチレーテッド・ディスク / リーディング・トレーリング
ホイール+タイヤ 6Jx16+185/55R16
燃費(JC08モード) 20.0km/ℓ


▶ 徹底解説 / スズキ・バレーノ
▶ 特別企画 / Bセグ王座争奪戦 フィエスタ vs デミオ vs ファビア
▶ 特別企画 / フィエスタ vs ポロ vs ルーテシア 箱根に訊け!

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事