ダイハツ、コペンのドレス・パーツをぞくぞく拡大中

2016.10.03

ダイハツは、軽オープン・スポーツカーであるコペンのドレス・パーツを拡充して発売した。

コペンは新骨格構造のD-フレーム、内外装着脱構造、ドレス-フォーメーションを採用し、オリジナルの車両を表現できるクルマを実現。現在は、コペン・ローブに加え、コペン・エクスプレイ、コペン・セロの3つのデザインを発売している。

今回は、コペン・セロからコペン・ローブへ外板交換が可能なドレス・パーツをセットで販売。全ての外板をコペン・セロからコペン・ローブへ交換可能なフルセットに加え、フロントパーツのみの交換を行うフロント・セット、リアパーツのみ交換を行うリア・セットの3つを発売する。価格はフルセットが374,760円、フロント・セット/リア・セットがそれぞれ206,280円。

また、ドレス・パーツ特別色としてコペン・セロ専用色のブリティッシュグリーンマイカを設定。従来、コペン・ローブには設定の無い外板色をドレス・パーツ購入者のみ実現可能とした。

そのほか、D-スポーツよりコペン・エクスプレイ用のドレス・パーツ、コペンアドベンチャー・ボディキットを発売開始。コペン・セロの発売時に実施したコペン・ドレスフォーメーション・デザインアワードで一般公募の中から最優秀賞に輝き、東京オートサロン2016で実車化されたコペン・アドベンチャーを市販仕様にリファイン(写真上)。SPK株式会社が運営しているダイハツパーツの取り扱いWEBサイト「DRESS CLOUD CONNECT」を通じて全国のダイハツ販売店で発売する。発売予定価格は250,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

ダイハツの人気画像