FOCJ スペチアーレ・クラシケ・ブランチ 御殿場

2016.10.02

text & photo:Kazuhide Ueno (上野和秀)

 
フェラーリ・オーナーにとって秋のイベントとしておなじみとなったスペチアーレとクラシケを対象としたブランチが、今年も日本のフェラーリにとって聖地といえる御殿場ヴィンテージ・ガーデンで開かれた。288GTOに始まりラ フェラーリに至るプレミアム・モデルと、限定モデルによるスペチアーレ、そしてクラシック・モデルが対象のブランチなのである。春の全モデルを対象としたブランチとは異なり、クラブ・イベントとして開催され、ランチは着席のフルサービスで提供されことから50台/100名限定で行われた。

今年はフェラーリが日本に正式に輸入されてから50周年を迎えたことから、日本に最初に輸入されたモデルの同型である275GTB/4を特別展示して祝った。また今年はGTC4 Lussoのデビューを記念して、4シーター・モデルが特別フューチャーされた。

今回もブランチの伝統に則り、特別なプログラムはなく、ガーデンのグリーン上にフェラーリを並べ、仲間や初めて会うメンバーとクルマ談義などで盛り上がっていた。昨年に引き続き土曜の夜に前夜祭を開き、日曜の朝にはショート・ツーリングを行ってから、当日参加者が待つガーデン入りした。

この週末は天候がはっきりしなかったこともあり、プレミアム・モデルは少なかったが、F40F50、ラ フェラーリが姿を見せ、ヒストリック・モデルは365GTB/4デイトナとディーノ246GTSと3台のBBが並んだ。新たなクラシケ対象車であるF355と共に、348は貴重なGTコンペティツィオーネとチャレンジが参加した。このほか通常モデルも数多くがガーデンにやってきた。

ランチはタンタローバ自慢の静岡の食材を使った拘りのコースが用意され、仲間とのフェラーリ談義と共に楽しんだ。食事後の歓談が一段落したところでガーデンに移動して、記念撮影を行ったのち流れ解散となった。フェラーリ・オーナーにとって、仲間と共に過した秋の休日は、いつにも増して楽しめたようだ。

  • 9時を過ぎると1台、また1台と参加車がガーデンに到着した。

  • 前泊組は日曜朝にショート・ツーリングを楽しんでから会場入りした。

  • 注目のF12 tdfもショート・ツーリングに参加し、迫力ある姿を披露。

  • フェラーリが日本に正式輸入50周年を祝して275GTB/4を特別展示した。

  • 天候が落ち着かなかったためプレミアム・モデルはF40とF50に留まった。

  • ニュースとしては話題のF12 tdfが2台仕様違いで参加したことだ。

  • ラフェラーリと並んだ2台のF12 tdf。昼から天候も回復しイベント日和に。

  • ピニンファリーナの80 周年を記念し80台限定のSAアペルタも参加。

  • 458スペチアーレと希少なスクーデリア・スパイダー16Mが並ぶ。

  • クラシケモデルでは365GTB/4デイトナとディーノ246GTSが並べられた

  • ‘70年代を代表するベルリネッタ・ボクサーは3台が姿を見せた。

  • デビューから22年経過したF355も今やフェラーリ・クラシケの対象に。

  • 348系は50台限定のGTコンペティツィオーネとチャレンジが参加。

  • 今年のテーマカーは4シーター・モデル。FFやカリフォルニアが集まった。

  • 4シーター・モデルには懐かしのモンディアルtカブリオレの姿も。

  • レストランのキャパから50台に限定されたが、バラエティに富んでいた。

  • 往年のモチーフを随所に盛り込んだF12 tdfは、終日注目の的だった。

  • クラシケには伝統のトンネルバック・スタイルのモデルが数多く参加する。

  • ランチでは平松顧問による乾杯の儀でスタートした。

  • ランチはタンタローバ自慢の静岡の食材を使った拘りのコースが用意された。

  • 最後に参加者全員が揃って記念撮影が行われた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

イベントの人気画像