メルセデス・ベンツEクラス・クーペは1月のデトロイト・デビュー

公開 : 2016.11.05 04:50  更新 : 2017.06.01 00:34

メルセデス・ベンツEクラス・クーペは来年1月に開催されるデトロイト・モーターショーでデビューする予定だ。このEクラスの2ドア・クーペは、BMW 6シリーズ、そしてアウディA5のライバルとなるモデルで、現在、最終のテストが行われている。

来年発売が予定されているEクラス・カブリオレと同様にメルセデスのデザイナー、ゴードン・ワーグナーの手になる2ドア・ボディのEクラスで、4座シートとファブリック・ルーフを持つモデルだ。

第5世代となるEクラス・サルーンは、既に今年1月のデトロイト・モーターショーで発表されているので、カブリオレの追加は約1年遅れとなるわけだ。

デュアル・スクリーンを含めマルチメディア・インフォテインメント・システムはSクラスと共用する。インテリア・アーキテクチャーやEクラス・サルーンやエステートと同様で、12.3インチ・ディスプレイなどが装備される予定。

そのデザイン手法は、Cクラス・クーペやSクラス・クーペと同様だ。コードネームはC208と呼ばれるEクラス・クーペは、CクラスやSクラス同様にメルセデスのMRAプラットフォームをベースとする。

エンジンは2.0ℓガソリン、2.0ℓディーゼル、そして3.0ℓディーゼルが英国では予定されている。また、プラグイン・ハイブリッドのE350eもラインアップされることだろう。更に、4.0ℓV8ツインターボを搭載したAMGも予定されている。

ギアボックスは9速オートマティックのみの設定で、4Maticもオプションとして設定される。

関連テーマ

 

人気記事