中国向けのストレッチ・モデル、ボルボS90エクセレンスを発表

公開 : 2016.11.04 04:50  更新 : 2017.12.14 12:31

ボルボは、プレミアム・サルーンのS90のストレッチ・モデルであるS90エクセレンスを中国市場向けモデルとして公開した。このS90エクセレンスは、上海モーターショーで公開される予定のロング・ホイールベース化したストレッチ・モデル、S90Lをベースとした上に、フロントの助手席がインフォテインメント・システムとリア・シートの住人のためのスペースとなる3シーターであるのが大きな特徴。つまり、フロントにはドライバーズ・シートしかないのだ。

S90Lは、120mmほどホイールベースが伸ばされたS90だ。その上に位置するS90エクセレンスは、自らがステアリングを握ることのない中国の富裕層に向けたモデル。標準でパノラミック・サンルーフと、折畳式ワークテーブル、冷温対応のカップ・ホルダーなどが装備される。

インフォテインメント・システムはApple CarPlay、Android Autoとのコネクティビティも持ち、鹿や牛のような大きな動物を発見してブレーキをかけるボルボ・ラージアニマル・ディテクション・システムも搭載される。また、最高130km/hまでの半自動運転が可能だ。

エンジンは、190psのT4と、254psのT5が設定されるが、来年前半には406psのT8ガソリン・ハイブリッドも加えられることになる。

S90エクセレンスは来年からの生産、そしてS90Lは今年の11月から生産に入る予定だ。

関連テーマ

人気テーマ