ロールス・ロイス・ファントム新型、市街地に現る

公開 : 2016.11.08 04:40  更新 : 2017.06.01 00:34

次世代型ロールス・ロイス・ファントムは2018年の発表が公式アナウンスされているが、そのテスト車両をカメラにおさめることができた。

同社は新しいアルミ・アーキテクチャの開発が、ひとつ先のステージに進んだことを、最近明きらかにしている。

テスト・モデルは、かなり重いカモフラージュがされているが、スリムになったヘッドライトを確認できる。

ゴーストに似たデザインを採用したこのライトは、下端にインジケーターを配する構成だ。

バンパーにまで達するフルワイド・グリルの様子も見て取れるが、全体的なスタイリングは先代と近いものになっている。

リアセクションに目を移すと、リアのバンパーはこれまでより突出量が抑えられたほか、トランクからバンパーへ流れるような造形を採用した。

なお、われわれはこれまでにキャッチした冬期テストの写真では、ロング・ホイールベース仕様も確認されている。

エンジンは、ファントムに使われる6.75ℓのV12のパワーアップ版か、ドーンで使用される6.6ℓV12のチューンナップ版が搭載されると予想される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事