スズキ・ソリオ・バンディット・ハイブリッドSV

公開 : 2016.12.06 05:55  更新 : 2017.05.29 18:41

  • MGUをトランスミッション(AGS)の出力側に配置し、変速ショックをカバーできるパッケージに。

  • 新追加の駆動用モーター(MGU)はコンパクトだ。

いい意味での驚きは、これだけ複雑な機構を追加しつつも、車両重量を1t切りの990kgにおさめたことだ。ソリオの自慢だった重量税のお得感はそのままキープされる。

■どんな感じ?

新ハイブリッドの走りは既存のどのソリオより活発。マイルドハイブリッドではISG分だけエンジン出力を低める制御だが、新ハイブリッドにそれはなく、全開時には91psのエンジンと13.6psのモーターがフル稼働する。

AGS変速時のショックをモーターで補う制御も入っているので、この種の変速機としては変速も滑らか。ただ、それを利して変速スピードを速めるまでは踏み込んでいない(変速時の半クラが減るためにわずかに変速時間は短縮されたというが)。正直なところ「まるでDCT!?」というほどではなく、ロボタイズドMT否定派を改心させるほどではない。

私は個人的にロボタイズドMTは大好きだが、これを毛嫌いする人が嫌う最大の理由はシフトアップ時の空走感だろう。その点では今回も決定的な進化は見られない。

フルハイブリッドなので、条件が整えばモーターのみで発進(ECOモード時のみ)し、最高20km/hまではEV状態のまま加速。そして80km/h以下なら減速時には基本的にエンジンがストップする……のだそうだ。

ただし、MGUに単独でソリオを縦横無尽に走らせる性能はない。よって、EV発進はスロットル操作を意図的に抑制しないと、実際にはなかなか起こりにくい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事