図解 2017年のF1マシン 知っておくべき12の変更点

公開 : 2017.03.25 14:30  更新 : 2017.06.01 00:26

タイヤ幅は25%ワイドに 高い横Gがドライバーを襲う

7. リア・ウイングの位置が、これまでより150mm低くなり、ウイング幅が200mmワイドになる。

8. エアロダイナミクス・パーツの増加にともないダウンフォースが増大。ラップタイムにして、3秒から5秒の短縮が期待される。

9. 燃料はこれまでより5kg多い105kgを搭載できるようになる。このため、燃料タンクも大型化している。

10. マシンの最大幅が拡大され、これまでの1800mmから2000mmに。

11. 13インチ・ホイールを継続採用するが、タイヤ幅は25%ワイドに。フロントタイヤは245mmから305mmへ、リアタイヤは325mmから405mmへ拡大される。

12. こうしたレギュレーション変更によりドライバーがコーナリング中に受ける横Gが増大。カタルーニャ・サーキットのターン3では最大5.5Gになると言われる。なお、昨年の計測値は3Gであった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事