図解 2017年のF1マシン 知っておくべき12の変更点

公開 : 2017.03.25 14:30  更新 : 2017.06.01 00:26

今年のF1では、多くのチームが、昨シーズンに比べて3秒~5秒のラップタイム更新をすると言われています。では、なにがそんなに変わったのでしょうか。2枚のイラストで紹介します。

2017年のマシンには「シャークフィン」が復活

1. ノーズはこれまでより20mm延長。フロント・ウイングの幅は1800mmに拡大(昨シーズンは1650mm)される。これはタイヤが太くなったことによる変更だ。

2. バージボードとターニング・ベインが、サイドポッドと前輪の間に移動。バージボードは、フロントウイングと前輪によって乱された気流を整える。

3. エアボックスからエンジンカバーにそって伸びる通称「シャークフィン」が復活。空気の流れを整流する。

4. マシンの最低重量が20kgプラスされ722kgに。ワイドになったタイヤの重量増を考慮し、今後さらに調整されるようだ。

5. ブレーキディスクの厚みが4mm増し、ブレーキングトルクが25%増大する。ブレーキングフォースは最大6Gになる見込みだ。

6. リア・ディフューザー自体の高さが、125mmから175mmになる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事