ジャガー・ランドローバーCEO VW発端の「ディーゼル叩き」に難色 EVと両立へ

公開 : 2017.05.13 19:30  更新 : 2017.12.14 14:42

ジャガー・ランドローバー(JLR)のボスであるラルフ・スペッツは、ディーゼル車擁護を表明し、VWが発端となった最新ディーゼル車への敵対視は筋違いだと反論しています。重みのある記事です。

JLRのCEO「ディーゼルには未来がある」

スペッツは、ジャガー・ランドローバー(以降、JLR)は今後も先進ディーゼル技術を推進するという。厳しさを増すエミッション規制に適合していくうえで、それは不可欠だという立場なのだ。

「最新のディーゼル技術は、CO2排出量とパフォーマンス、粉塵の問題で進歩を続けており、ガソリンと比べて環境面でより優れています。ディーゼルには未来があるに違いなく、またそうあることが必要なのです」

スペッツは、ディーゼルのエミッション問題は自動車に限定的なものではなく、運送業や自動車産業全体に関わるものだと見ている。

商用車やトラック、バスなどは、ほぼすべてがディーゼルで、それらすべてが、特に大都市では、大気汚染の元凶となっているからだ。

「完全な自動車産業は、規制を全面的にクリアできるディーゼルを必要としています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事