ジャガー、約10億の投資で「クラシック・ワークス」設立 レストア/販売を促進

公開 : 2017.06.15 18:40

ジャガー・ランドローバーは「クラシック・ワークス」なる拠点を、約10億円かけて英国にオープンしました。クラシックカーのビジネスに、力を注ぐためです。

「クラシック・ワークス」 どんな建物?

「クラシック・ワークス」が位置するのは、ジャガー・ランドローバー(以下、JLR)がオープンしたばかりのSVO専門拠点の近く。

敷地面積は1万3935平方メートル。クラッシックカーを主体とする建造物としては、世界最大の規模である。

この建物にJLRが費やしたコストは、£7,000,000(9億7,795万円)にのぼる。

「クラシック・ワークス」 何をする?

クラッシックカーのビジネスに注力することを発表したのは1年と少し前のこと。ピカピカに仕上げられたライトウエイトE-タイプを覚えているひとは少なくないだろう。

いまは9台のXKSSをあらたに製作しはじめたところだ。

このようにクラシックカーのレストア、メンテナンス、さらには販売が、クラシックカーのメイン業務となる。

関連テーマ