ジャガーXE SVプロジェクト8 2,000万円超えのハードコアXE 2座仕様も登場 300台限定

公開 : 2017.06.28 12:10

ボディワーク、実は別モノ

一見、XEと同じように見える外観だが、ボディワークの75%が専用開発のものだ。共用部分は、フロントドアとルーフの2箇所のみである。

とくにフロントヘッドライトにいたっては、ハイパワーエンジン用に冷却機能を追加したために、前方へ14mm移動しているという。


このモデルでジャガーは、ニュルブルクリンクのタイムアタックを行う予定で、強力なダウンフォースを生み出すために、
・可変式フロントスプリッター
・フラットアンダーボディ
・リアディフューザー
・カーボンファイバーバンパー
・可変式リアウイング
を装備している。

時速300km/h走行時のダウンフォースは、実に122kgを超えるという。さらにトラックモード使用時のフロントリフトは205%削減されている。


走行性能については、XE SVプロジェクト8は、XEとして初めて電子制御アクティブディファレンシャルを使用している。これは、インテリジェントドライブダイナミクスとともにリアアクスルへのトクル配分をコントロールするものだ。なお、通常は75%のトルクをリアにデリバリーする設定だという。
 

関連テーマ

おすすめ記事