アウディRS5 モデルチェンジした2017年型に海外試乗 V8→V6の吉凶を占う

公開 : 2017.06.28 12:40

2017年型アウディRS5の試乗記です。V8からV6になったわけですが、薄味になったりするのでしょうか? それにしてもすごい色。お楽しみください。

■どんなクルマ?

数字の魅力、感情をゆさぶる魅力

デビューから6年を経てのフルモデルチェンジで、アウディRS5はより大きく、しかし軽くなり、速さもクリーンさも、抜け目のなさも、先代以上のレベルに達した。

それを支える根幹が、最新バージョンのMLBプラットフォームであり、そこには長年使い続けた自然吸気4.2ℓV8に代わる新型エンジンが搭載された。数年前にポルシェと共同開発した、最新世代の2.9ℓV6ツインターボである。

当然ながら、カタログスペックはほぼすべての項目が向上し、それはうれしい材料だと言える。とはいえ、先代のエンジンは数字で測れないほど魅力的だった。おそらく、アウディの自然吸気V8としては最後の強力無比なユニットで、至上のスロットルレスポンスと8250rpmに届く回りっぷり、血沸き肉躍るようなサウンドも備えていた。

失ってみて初めて、ありがたみを感じることは多い。そのエンジンサウンドも、アウディらしい音だというくらいにしか思っていなかった、というのが正直なところだ。

というのも、先代RS5はあまりに重く、夢中になれるような走りという点では、BMWやメルセデスが送り出す後輪駆動のライバルたちに大きく水をあけられていたから、関心が薄かったのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事