明日から使える「2017年6月に売れたインポートカー」 週末AUTOCAR講座 

2017.07.09

「週末AUTOCAR講座:インポートカー編」からクイズを。6月に、ある国が3ブランドも、前年比「2桁増」のセールスを記録しています。どの国でしょうか?

Q:輸入車ブランド別成績で、前年同月比「2桁増」を3ブランドも生み出した国は?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

外国メーカー車の新規登録台数は、15カ月連続で前年超え。M・ベンツが28カ月連続でトップ

輸入車の新車販売は好成績を維持する。6月の外国メーカー車の新規登録台数は前年同月比3.6%増の3万2142台と、「15カ月連続での前年超え」を記録。日本メーカー車含でも同0.9%増の3万5528台と2カ月ぶりにプラスに転じた。登録車に占める輸入車のシェアは10.2%と高水準をキープする。

輸入車の市場動向についてJAIA関係者は「外国メーカー車はニューモデルおよび限定車の積極的なリリースや販売キャンペーンの効果もあって、順調に成績を伸ばしている。とくにSUVやディーゼル車の販売が好調だ。価格帯別では400万円未満が前年同月比2.8%減、1000万円以上がほぼ横ばいだったものの、400万円以上1000万円未満が16.7%の2桁増だった。今後は量販ゾーンの400万円未満の復調が鍵となるだろう」と解説した。

A:「フランス」。ルノーが前年同月比46.9%増、プジョーが17.2%増、シトロエンが83.1%増。新型車や限定モデルなどの販売が好調。

外国メーカーの6月のブランド別成績では、前年同月比3.5%増の6594台の新規登録を成し遂げたメルセデス・ベンツが「28カ月連続での首位」につく。第2位には同5.6%増の5970台を記録して1ランクアップを果たしたBMWが位置。前月第2位のフォルクスワーゲンは、同2.2%増(5238台)だったものの第3位にダウンした。続く第4位には、同8.6%減(3207台)ながらアウディがランクイン。第5位には同3.7%増(2773台)でBMWミニが入った。

トップ5以外では、フランス車の健闘が光った。プジョーが前年同月比17.2%増(850台)、ルノーが同46.9%増(626台)、シトロエンが同83.1%増(293台)と2桁増を達成する。
 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事