出力2倍の825馬力 フォード・マスタング「サットンCS800」 試乗記

公開 : 2017.08.18 12:40  更新 : 2018.03.27 10:10

エンジン内部には手を加えずに、出力が倍の825psになったフォード・マスタング「サットンCS800」。先日の「世界一速い『小屋』」のニュースもそうですけれど、世の中、いろんなチャレンジをするひとがいます。試乗記です。

■もくじ

どんなクルマ?
出力倍に 「怪物」に興味津々

どんな感じ?
CS800 狂った野獣のように豹変
825psを手にするために必要な金額
CS800 走らせるとどうなのか?

「買い」か?
最後まで、「手の内」とは無縁だった

■どんなクルマ?

出力倍に 「怪物」に興味津々

これは記憶に残る出来事に違いない、とわたしは思った。

マスタングのギアボックスが破壊されるか、リアアクスルが吹っ飛ぶか。あるいは窓ガラスが外れルーフがへし曲がり、ボディが捩れるかもしれない。

ハイパフォーマンスカーのディーラーかつチューナーの「クライブ・サットン」が製作した、標準のおよそ倍の最高出力を叩き出すマスタングCS800は、靴の箱にダイナマイトを仕込んだような常識はずれなものに見える。

この結果がどのようなものになっているのか、非常に興味があったことは事実だ。

 
最新試乗記