2.0ℓ4気筒エンジンのジャガーF-タイプ・コンバーチブル 試乗記

公開 : 2017.08.24 12:10

2.0ℓ4気筒エンジンを載せるジャガーF-タイプ・コンバーチブルに試乗しました。とても優秀ではあるけれど、ポルシェ718ボクスターの存在は、とても大きいのだと考えさせられます。

■もくじ

どんなクルマ?
2.0ℓ4気筒ならではの「メリット」

どんな感じ?
なにより嬉しい、鼻先の軽さ

「買い」か?
常に気になる718ボクスターの存在

■どんなクルマ?

2.0ℓ4気筒ならではの「メリット」

F-タイプ・コンバーチブルのエントリーモデルとなるクルマが新たに出現した。

かつてのXタイプ以来、久しぶりの4気筒エンジンではあると同時に、スポーツモデルへの搭載はジャガー史上初めてのことである。

1気筒あたりの排気量や出力の競い合いは、新たな争いを予感させる。

ターボチャージャーで武装した2ℓエンジンは、決してパワー不足ではないと語るのはジャガー・ランドローバー社のチーフエンジニアを務めるマイク・クロス。

「300psを発生させるこのクルマは、1990年代初頭に登場した5.3ℓV12を搭載したXJ-Sよりもパワフルなのですから」とも述べた。

今回ジャガーにとっての自慢、経済性と環境に配慮したことと、敷居が低くなったこと。

以前は£50,000(700万円)では買えなかったが、2ℓのクーペならば予算内で収まる。

コンバーチブルを選ぶとそれより£5,485(77万円)だけ高くなる。

そこで気になるのは、ライバルのボクスターより£10,000(140万円)高い価格に正当性があるのか? という点だ。以下で見ていこう。

 
最新試乗記