後輪駆動のアウディR8「RWS」 999台限定でスパイダーも フランクフルト

公開 : 2017.09.12 12:28  更新 : 2017.09.12 12:29

後輪駆動のアウディR8「RWS」がフランクフルトで公開されました。エンジンは共通、スパイダーとクーペをあわせて999台が販売されます。アウディ・スポーツのトップは「運転を純粋に楽しみたいひとに用意しました」と述べました。

もくじ

999台の「RWS」 エンジン共通で後輪駆動
内装と外装の識別ポイント 販売価格
オフィシャルサイト画像3枚をチェック

999台の「RWS」 エンジン共通で後輪駆動

アウディ・スポーツは、これまでクワトロ(4WD)のみの設定であったR8 V10に、後輪駆動モデルを設定した。

モデル名はR8 V10「RWS」。「Rear-Wheel Standard」の頭文字で、クーペとスパイダー合わせて999台の限定販売となる。オーダー開始は2017年の第4四半期。欧州におけるデリバリー開始時期は2018年はじめを予定している。

アウディ・スポーツを率いるステファン・ヴィンケルマンは以下のように語る。

「R8 V10 RWSは、運転を純粋に楽しみたいひとに向けてご用意しました。立ち位置としては、レースマシンの『R8 LMS』を、ストリートに持ちこんだといった感じですね」

エンジンは、R8 V10のもの(540ps/6800rpmと55.0kg-m/6500rpm)を、そのまま載せている。したがって排気量は5.2ℓ。V10ガソリンということになる。

プロペラシャフトとクワトロ・システムをなくすことによって、全体の車重は50kg軽くなる。結果的にクーペの車重は1590kgとなる。パワーウエイトレシオは340ps/トン。参考までに1640kgのR8 V10クワトロは329ps/トン。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事