VWアルテオン、日本国内試乗 「賢い消費」に焦点 購入は「待ち」

公開 : 2017.12.10 10:40  更新 : 2017.12.15 13:53

フォルクスワーゲン・アルテオンの試乗記です。ユニークなデザインが自慢ですが、多くのひとが、こぞって買うタイプのクルマではないようです。購入は「待ち」というのが、AUTOCARの判断です。

もくじ

どんなクルマ?
デザイン目を引く 新フラッグシップ
まずは2.0直4ターボ×4WDが導入

どんな感じ?
「Advance」599万円 装備充実へ
高速移動が不得手 「快適性重視の旦那仕様」

「買い」か?
価格がアウディA4に接近 装備で勝負
お得だが、日本で受けるかどうかは別

スペック
アルテオンR-ライン 4Motionのスペック

どんなクルマ?

デザイン目を引く 新フラッグシップ

もしもフロントにVWマークがなければ……ピニンファリーナ以外のカロッツェリアが手がけたフェラーリか、とカン違いしちゃうかも的なイタリアン・デザインをまとった5ドアのクーペ。

ホイールハウスとフロント・ドアのあいだが狭いから、エンジン横置きのFWD(または4WD)、と知れるけれど、ロー&ワイドなプロポーションはスポーツGTのそれだ。

リア・フェンダーからテールエンドにかけての微妙な膨らみはセクシーで、後ろ姿にもハッとさせられる。パッと見、カッチョいい!

AUTOCAR読者なら先刻ご承知のように(とヨイショしちゃったりして)、フォルクスワーゲンの新しい旗艦アルテオンの正式デビューは2017年3月のジュネーヴである。

およそ半年で日本での発売準備を整え、秋の東京モーターショーにやってきた。ルーフラインはそっくりながら、これまでのパサート・ベースのCCとは少々立ち位置が異なっている。そう、ようはフラッグシップなのである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フォルクスワーゲンの人気画像