【320psのEA888に四輪駆動】フォルクスワーゲン・アルテオンR シューティングブレークへ試乗

公開 : 2021.08.01 08:25

印象的な見た目に上質な動的性能が組み合わされた、アルテオンのステーションワゴン。推奨できるモデルだと、英国編集部は評価します。

ゴルフRと同じエンジンに四輪駆動

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボディカラーが鮮やかなブルーでなくても、シャープさを増したルックスから、速いフォルクスワーゲンだということは感じ取れるだろう。ボディサイズはパサートよりひと回り大きい。

アルテオンのバリアントのことを、フォルクスワーゲンはシューティングブレークと呼ぶ。AUTOCARではすでに何度か、アルテオン・シューティングブレークの試乗レポートをお伝えしている。

フォルクスワーゲン・アルテオンR シューティングブレーク(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アルテオンR シューティングブレーク(英国仕様)

しかし象徴的なブルーに塗られ、オプションの20インチ・アルミホイールを履く今回の1台は初めて。アルテオンで一番速いRだ。ちなみにホイールは、英国では19インチが標準となる。

ボディは大きいものの、内容はすでに見慣れたもの。チューニングを受けたEA888型と呼ばれる2.0L 4気筒ターボエンジンをフロントに搭載し、7速デュアルクラッチATを介して四輪を駆動する。

320psという最高出力から想像するとおり、基本的にはゴルフRと同じエンジンと駆動系が載っている。42.7kg-mの最大トルクのうち、後輪へ伝わるのは最高で50%。左右のリアタイヤ間では、その50%のすべてを片側のタイヤへ伝えることが可能だ。

コーナーリング中に、ラインを内側へ絞ることにも有効。よりダイナミックな体験を味わえるように仕立ててある。ほどほどに。

アルテオンRのインテリアは、カーボンモノコックが支えブルーのステッチが入る、滑りにくいスポーツシートが最大のハイライト。ダッシュボードの中央には、大きなインフォテイメント用モニターが鎮座している。

安全性重視の親しみやすい動的特性

ドライブモードを個別に調整すれば、ダンパーは15段階のレートから選べる。少し多すぎるかもしれない。

アルテオンのシューティングブレークは実用的。ドライビングポジションは素晴らしく、シートもステアリングホイールも、調整域が広い。人間工学も8代目ゴルフより優れている。だがフォルクスワーゲンなら、もう少し煮詰められるだろう。

フォルクスワーゲン・アルテオンR シューティングブレーク(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アルテオンR シューティングブレーク(英国仕様)

ボディはやはり大きい。荷室空間は通常で565Lもある。リアシートの背もたれを倒せば、1600Lまで拡大できる。全高のあるパサートは650Lと1780Lで大きいが、実際は数字ほど明確な差は感じられない。

英国の一般道でも、アルテオンRの乗り心地は充分に許容範囲。他の市場では標準となる18インチならもっと優れるはずだが、英国では路面状態が悪い割に大径のものが好まれるようだ。長時間運転する前提なら、筆者なら1サイズ落とすと思う。

それでも、足さばきは充分に静か。快適で過ごしやすい。操作系の重み付けは適正で、反応も良い。落ち着きのある好ましい振る舞いは、操縦性にも反映している。

フォルクスワーゲンは、たとえ高速仕様のRでも、安全性重視の親しみやすい動的特性を与える傾向がある。コーナーへタックインし自由度の高さを感じる、最もスポーティなフォードルノーとは一味違う。

ニュルブルクリンクのラップタイムを削るような、リアシートの省かれたゴルフでも同様。フォルクスワーゲンの技術者は、尖った性格を与えない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×