解説 マクラーレン・セナ V8やモノケージIII/P1と720Sと比較も

公開 : 2018.02.18 07:40  更新 : 2018.02.18 13:04

アクティブ・エアロダイナミクス

セナのダウンフォースは800kgにも達し、アクティブ・エアロダイナミクスにより、この鉛直方向の力を操作する事ができる。

ヘッドライト下のフロント両側には1対のブレードが配置されており、われわれのクルマではオレンジ色に塗装されていた。最適な空力バランスを維持するための調整を、下側ブレードはアクティブ・リアウイングと併せて行う。

エンジニアリング・デザイン部門のディレクターであるダン・パリー-ウィリアムズは「ダウンフォースが非常に強力なため、ブレーキング時には空力バランスが著しく変化します。この変化によりダウンフォースがフロントに集中してリアが不安定になることを防ぐために、フロント・フラップの角度を減らして、リア・ウイングは増やします。つまり、空力バランスをリア側へと移す事で安定性を増し、より強力なブレーキングを可能にするのです」と言う。

「スワン・ネック」パイロンによってボディへと取り付けられた大型リア・ウイングの重量は4.87kgであるが、その100倍以上のダウンフォースにも耐えることができる。

セナでは時速249kmで最大のダウンフォースが発生するが、これ以上の速度では(このクルマの最高速度は340km/hである)、ウイングを調整して不要なダウンフォースは抜いているのだ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事