意外? BMWエンジン搭載のクルマたち 前編

公開 : 2018.04.29 06:10

BMWはシャシーも秀逸ですが、キモはやっぱりエンジンにあり。そんなミュンヘンの強心臓を拝借したクルマたちをご紹介します。

モーガン・プラス8

当初、プラス8に積まれたのはビュイック由来のローバーV8だったが、1990年代にローバーをBMWが手に入れると、ミュンヘンの4.8ℓユニットに変更された。372psを発生するこのパワートレインにより、英国伝統のロードスターは0-100km/hを4.5秒で駆け抜け、最高速度は250km/hに達する。

しかしながら、このエンジンを搭載しての生産は終了が決まっており、その最後の50台はプラス8の生産50周年を記念した限定モデルの50thアニバーサリーとなる。これまで製造されたプラス8は6000台を超えるが、そのトリを飾る限定車の価格は10万7000ポンド(1605万円)という。