カーレビュー

2018.03.11

コンパクトSUV、何を買うべき?(1) 予選ラウンド 前編

アウディQ3/BMW X1/DS7/フォード・クーガ/マツダCX-5/VWティグアン/ボルボXC40

テスト日 : 2018年02月28日

文・マット・ソーンダース 

編集部より

欧州では、コンパクトなSUVが花盛り。セールス好調なだけに、新規モデルも続々登場しています。今回はこのマーケット最新のベストバイを決めるべく、7台を集めたグループテストを実施します。このうち、決勝に進めるのは3台のみ。まずは半数以上をふるい落とす予選ラウンドから。

もくじ

予選・前編
時代の寵児・コンパクトSUV
人気急上昇ジャンルの今を探る
予選ラウンドは冬の雨の中で始まった
同ジャンルでも小さからぬ差

予選・後編
インゴルシュタットに不都合な事実
一長一短のインテリア
4台が予選敗退

時代の寵児・コンパクトSUV

英国の路上で増殖するコンパクトSUVは、まさにこのセグメントの成長ぶりを物語るものだ。20年前にはファミリーハッチからスタンダードなセダンへの乗り換えが進んだが、10年前にはこれがプレミアムな5ドアや小型セダンとなり、現在はそれが小型の「ヨンク」へと移り変わっているのである。

その魅力を数え上げると、長いリストができそうだ。実用性、万能性、4WDであること、全天候対応、プレミアムなブランド性、手頃な価格、個性的なスタイル、強力なパフォーマンス、素晴らしい快適性と洗練性、そして妥協のないハンドリング。それらがあいまって、コンパクトSUVはニッチなセカンドカーから、いつの間にかファーストチョイスへと格上げしてきたのである。

実際に乗ってみるまで、SUVを買うなどとは思いもしなかった、という声は多くのユーザーが口にしている。つまり、かつてのクロカン四駆とは異なり、この手のクルマを指名買いしているわけではないユーザーが少なくないのだ。ところが、決して惚れ込んで購入に至ったわけでもないクルマを、彼らは易々と受け入れている。

next page人気急上昇ジャンルの今を探る

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ