アウディ初の電動SUV「eトロン」生産開始 正式発表は今月

公開 : 2018.09.06 10:40

正式発表を9月17日に控える、アウディ初のEVであるSUVの「eトロン」の生産が開始されました。カタルーニャ・レッドに塗装されたその一号車を生産部門ボスが視察しています。これと同日、メルセデスも同社初のEV「EQC」を発表しました。

eトロン1号車がラインオフ

アウディ初のEVであるeトロンはベルギー・ブリュッセルの工場において生産が開始された。

9月17日に正式発表が予定されているこのクルマは、408psの最高出力と67.7kg-mの最大トルクを誇る。これにより、0-100km/h加速は6秒以下とされ、最高速度はリミッターにより200km/hに制限される。

このeトロンはアウディがEVのために改装したブリュッセル工場で生産される。アウディの生産部門を統括するピーター・ケスラーは工場長のパトリック・ダナウとともにその生産一号車を視察した。

eトロンの生産開始が確認されたのは、メルセデス・ベンツがEQCを発表したのと同日のことであった。

なお、「アウディeトロン テスラより “急速な” 充電が可能 航続距離500km」にて、更に詳細な情報をご覧いただける。

関連テーマ

人気テーマ