ヴォグゾール・アダム・ジャム16V VVT エコフレックス

公開 : 2013.04.03 11:56  更新 : 2017.05.29 18:29

■どんなクルマ?

ヴォグゾール・アダムの最もベーシックなフォームだ。69bhpの1.2ℓガソリン・エンジンを搭載し、エントリー・レベルのジャム・トリムを持つ。そして、16インチのホイールをと、スタンダードなサスペンションが与えられているモデルでもある。

アイドリング・ストップをはじめ、オプション・リストにある装備を加えるとその価格は当然ながら上がる。しかし、それら装備は、テスト車両よりも快適性を高め、ルックスを良くするための装備でもある。

しかし、多くの人は、ベーシックな装備が、決して悪いものではないと理解するはずだ。より大きなホイールとスポーツ・サスペンションを装備するモデルの乗り心地は、褒められたものではなかったからだ。

■どんな感じ?

1.2ℓのガソリン・エンジンは、最新のテクノロジーとは無縁だが、アダムに用意されている3種類のエンジンの中では、意外にベストな選択かも知れない。パワーとトルクの値こそ小さいが、ライバルたるフィアット500と同等の力を発揮しているので、街中では充分だ。

但し、高回転は苦手だ。残念なことに、高速道路などではその5速マニュアル・ギアボックスのレシオとの組み合わせもあって、快適とは言いがたいものとなる。また、耐え難いといったものではないが、ライバルのユニットと比べるとノイジーになる。

ギアボックスは、温まっている時は非常に正確だが、冷えている時は多少入りづらい。

スタンダード・サスペンションと16インチ・ホイールの利点は、ハイ・スピードになればなるほど明らかになる。また、タウン・スピードでもその改善は顕著だ。全体的には、小型車としては充分に満足できる乗り心地を提供してくれる。

ステアリングは常に軽いため、標準で用意される操舵力を軽くするための”シティ”ステアリング・ボタンは、どんなドライバーにとっても不要と思えた。

■「買い」か?

もし、来年登場する1.0ℓ3気筒エンジンを待つことができないのであれば、このモデルがベストの選択だ。そして、ベーシック・モデルを選択することが、アダムの正しい購入方法でもある。できれば、オプションも控えるのが良いだろう。

(ジム・ホルダー)

ヴォグゾール・アダム・ジャム16V VVT エコフレックス

価格 11,550ポンド(163万円)
最高速度 166km/h
0-100km/h加速 14.9秒
燃費 20.0km/ℓ
CO2排出量 118g/km
乾燥重量 1086kg
エンジン 直列4気筒1229cc
最高出力 69bhp/5600rpm
最大トルク 11.8kg-m/4000rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事