長期テスト アウディTT RS(最終回) 日常で光る魅力

公開 : 2019.07.31 20:25

日常生活にぴったり アウディらしいモデル

ではこの性質によって、日常の足となるクルマの楽しさはどれくらいスポイルされているだろうか。

実は、ほとんどされていないというのが正直なところだ。このクルマと過ごす時間のほとんどが通勤、それも112kmの高速道路巡航だ。長距離でも12.1km/ℓ足らずの燃費、タイヤのノイズや以前にも触れた(冷間時の)ブレーキ鳴きこそあれ、この手の使い方をする限りTT RSは前述の強みを発揮する。家までの片道56kmがB級路なら、もっと不平を言いたくもなるかもしれない。

しかし、たいていの場合TT RSはアウディのハイスピードモデルとしての勤めを果たしている。何事においても望まれたレベルを満たし、このクルマのキーを手にしていることの幸運に感謝できるようなクルマなのだ。使ってみて、聞いてみて、魂のこもった走りやドライビングプレッシャーが足りないと感じたとしても、つい選んでしまうのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事