[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

字幕付き動画 スープラ vs BMW M2 vs 718ケイマンT vs アルピーヌA110 比較試乗

2019.07.12

100字サマリー

結局、いちばん欲しいスポーツカーはどれなのでしょうか。トヨタ・スープラ/BMW M2コンペティション/ポルシェ718ケイマンT/アルピーヌA110から勝者を選びます。

もくじ

もっとも買いたいスポーツカー
ポルシェ718ケイマンTの印象
BMW M2コンペティションの印象
いよいよトヨタ・スープラに試乗
結局、どのクルマを買いたいか

もっとも買いたいスポーツカー

新型トヨタ・スープラは純粋なトヨタ製ではないが、万能なスポーツカーだ。そこで今回われわれは簡単なテストを企画した。スープラを主要なライバルと比較しよう。

今回用意したのは100%BMW製のM2コンペティション、逞しいFR車だ。次は軽量かつ繊細なアルピーヌA110。そして後ろに控えるのはポルシェ・ケイマンT。ミドエンジンの4気筒ターボだがハンドリングではベンチマーク的存在だ。これからそれぞれに試乗し、ベストな1台を選定しよう。

さて、まず最初はアルピーヌA110だ。今回の企画の特徴は4台それぞれが異なる良さを持つことだ。走りを楽しむという目的は共通だが、いずれも違うアプローチを取っている。

エンジン搭載位置の違いもあり、ニュアンスの違いもある。A110の良さは、アジリティだ。このクルマは非常に軽く、その車重は1000kgにも満たない。ミドに搭載されるエンジンは、たったの1.8ℓでそれに7速DCTが組み合わされる。世界最高ではないが、悪くはないものだ。

驚くほど積極的に向きが変わり、まさに旋回軸がクルマの中心にあるかのようだ。高速コーナーでの安定性はそれほど高くないが、非常に楽しめる。機敏かつ積極的に鼻先が向きを変える一方、ある程度の余裕もありそれなりのロールも感じられる。今時こんなクルマは多くはない。

しかし決して完璧ではない。車内の収納は少なく、普段使いは難しいだろう。カップホルダーはひとつしかなく、インフォテインメントシステムは使い物にならない。しかしこの類のクルマに妥協はつきものだ。

専用のアルミ製アーキテクチャは非常にコンパクトに設計され、横幅も狭い。ただし横置きエンジンはウィッシュボーンの間に搭載されている。フロントの燃料タンクも同様だ。その結果、この軽量かつユニークなクルマができあがったのだ。

これはレアグルーヴや難しく見えるドイツ喜劇のように、誰にでも合うわけではない。しかし一部の人には大ウケするだろう。例えばM2コンペティションなどとは違い、決して万能ではないが、他のどのクルマにもできないことがこのクルマならできるのだ。

これは慣性を最小限にした結果で、このクルマの魅力だろう。われわれがこの魅力を認めなければ、主要メーカーはこういうクルマ作りをやめるだろう。非常に残念なことだ。このクルマはハンドリングのベンチマークであり、非常にわたし好みだ。ここで私の友人であり同僚のジェームズと交代しよう。

次はポルシェ・ケイマンだ。

 
最新試乗記