踏み間違い防止「アクセル見守り隊」 データシステム新製品 カートラジャパン2019

公開 : 2019.09.27 07:20  更新 : 2021.03.05 21:31

踏み間違い防止グッズ「ペダルの見張り番II」が人気のデータシステム社が、新たに「アクセル見守り隊」を発表しました。カートラジャパン2019、レポート第2弾。

「ペダルの見張り番II」だけじゃない

text & photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)

毎日のようにアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故のニュースが各種メディアで報道されているが、それでも一向に無くなる気配がない。

クルマは人間が運転するものなので、操作ミスをゼロにすることはできないからだ。

アクセル見守り隊のパッケージ
アクセル見守り隊のパッケージ

そこで、カーエレクトロニクス総合メーカーの「データシステム」が、すでにオートバックスを通じて販売していた「ペダルの見張り番II」に続き、急発進防止装置の「アクセル見守り隊(税抜き価格:2万8000円)」を今秋にリリースすることになった。

初心者から高齢者まで

装着することでアクセル信号を常時モニターし、アクセルペダルが急激に踏み込まれたときに信号をキャンセル。

暴走事故を未然に防いでくれるので、自身の愛車に取り付けるのはもちろん、まだ運転に不慣れな愛息、愛娘に提案したり、70歳以上になった両親に勧めてみてほしい。きっと、誰もがハッピーになるはずだ。

急なスロットル操作、ブレーキとアクセルの同時踏み込みを防止する
急なスロットル操作、ブレーキとアクセルの同時踏み込みを防止する

なお、DIYでの装着が不可なので、本製品を取り扱っている一部ディーラー、量販店(オートバックスを除く)、タイヤショップなどでしっかり取り付けていただきたい。

ドラレコ、カメラ・キットも

去る9月20日〜22日に開催された「カートラジャパン2019」のデータシステム社ブースでは、セーフティドライブをテーマとしたアイテムが展示。

高画質で前後録画可能なハイスペック・ドライブレコーダー「DVR3200」や車種別サイドカメラ・キット、エンブレム・フロントカメラ・キット、各種モニターなども披露された。

自動車メーカーのエンブレムにスッキリおさまるフロントカメラも発売中
自動車メーカーのエンブレムにスッキリおさまるフロントカメラも発売中

クルマで行くなら安全に。これがデータシステム社の願いだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

データシステムの人気画像

×